腰痛の原因

AKS療法で腰痛の改善

AKS療法で腰痛の改善

腰痛の原因は、骨盤のゆがみです。位置を正常にして、筋肉の長さを改善する

腰痛の原因は骨盤のゆがみ

病院での腰痛の分類

腰痛には、原因が特定できる「特異性腰痛」と、原因がはっきりしない「非特異性腰痛」とがあります。原因を特定できるのはわずか15%程度といわれています。
残りの約85%は、検査をしても痛みの原因となる異常が見つからない非特異性腰痛です。

特異性腰痛…全体の15%
・腰椎椎間板症
・椎間板ヘルニア
・腰椎分離症
・腰椎すべり症
・圧迫骨折
・感染症
・がんの転移
・内臓の病気
・ストレス
・その他

非特異性腰痛・・・全体の85%
・腰痛の原因がはっきりしない

当院の考え

・骨盤がゆがんでいると筋肉の長さが変わり片方に負担がかかります。

・筋肉は負担がかかり疲れると筋肉中に疲労物質が溜まり筋肉は硬くなります。
そして、血管を圧迫して血流を悪くします。血流が悪くなると酸素と栄養素が細胞に届きにくくなり細胞は修復できずコリや痛みなどを起こし、疲労物質も運び出されにくくなります。

その悪循環によりコリや痛みが強くなります。筋肉が凝り固まると自身の自然治癒力だけでは改善できなくなります。

当院の施術

1,ゆがんでいる骨盤を調整し、筋肉の長さを整える。

2,硬縮している筋肉をほぐして疲労物質を流し出し、使える筋肉に戻す。

当院の骨盤調整は、痛みを伴う施術は致しません。

マッサージは、この凝った筋肉をもみほぐして溜まっている疲労物質を流し、筋肉を柔らかくして血流を改善します。
当院では、強くもむと筋肉が傷つくためソフトマッサージで筋肉をほぐしています。

腰痛は筋肉疲労から

腰痛は脊柱起立筋のこりも原因になる

腰痛の原因となる腰方形筋

腰痛の原因になる主な筋肉

腰痛の原因の筋肉群

・脊柱起立筋群

・腰方形筋

・腸腰筋 (大腰筋、小腰筋、腸骨筋)

腰痛の改善方法

1,骨盤のゆがみで筋肉の長さが変わるので、
整体で骨盤を修正して筋肉を長さを調整します。

2,腰痛の原因となっている筋肉群を柔らかくする。

3, その他各部位の筋膜調整
・ 足(股関節、膝、足首)の調整
・ 手(肩、肘、手首)の調整

いきいき回復院

〒110-0013東京都台東区入谷1-14-1岡本ビル1F