四十肩、五十肩でお悩みの方。五十肩で腕が上がらない。

五十肩で腕が上がらない。

五十肩

このような症状で痛みがあると五十肩と呼ばれています

・洗濯物を干すとき

・シャンプーをするとき

・電車でつり革をつかむとき

・洋服を着替えるとき

・エプロンの紐を結ぶとき

・顔を洗うとき

腕を動かしたときに肩に痛みを感じる

腕の運動制限がある

 

(1)肩関節周囲炎

肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)は40~60歳代に発症し、その多くが50歳代であることから「五十肩」と呼ばれています。加齢に伴い肩関節周囲組織が傷み、炎症を起こすことが主な原因です。

(2)腱板損傷(けんばんそんしょう)
腱板とは、腕を上げる運動や、腕を内外に回す運動をする時に重要な役割を果たす筋で、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)および肩甲下筋(けんこうかきん)の4つからなりますが、最も傷みやすいのが棘上筋腱です。腱板損傷(けんばんそんしょう)は、若年者から高齢者まで広い世代に見られ、明らかな外傷によるものや日常生活動作のなかで損傷や断裂が起きる場合もあります。腱板は肩峰(けんぽう)と上腕骨頭(じょうわんこっとう)にはさまれているため、小さな外力でも損傷しやすいのです。腕を高く上げる動作を繰り返すと、上腕骨の上端と肩甲骨上部で回旋腱板の筋肉を挟み込むことで炎症や腫れを起こし、腱が弱くなり断裂することがあります。症状としては、肩を動かすと痛く、特に肩を挙げるときに強い痛みを感じます。

(3)肩関節唇損傷(かたかんせつしんそんしょう)

関節唇は関節窩の縁にあり、肩関節の安定性を高めると同時に、さまざまな衝撃から守るクッションの役割を果たしていますが、スポーツ動作や肩関節脱臼などが原因で、損傷することがあります。

肩関節唇が損傷すると、野球の投球など、肩を使うスポーツや動作のときに、肩の深部に痛みを感じます。症状が悪化していくと、痛みのあるクリック音またはゴツンという鈍い音や、肩に引っかかる感覚が生じることがあります。

五十肩の改善方法

五十肩で来院される方のほとんどは、肩関節周囲の筋肉が硬い人ばかりです。

当院では、肩関節周囲の筋肉の硬縮をマッサージやソフト整体で改善していきます。

関節のすき間を広げたり、筋肉の硬さが改善すると関節の可動域が広がります。

毎回、可動域を広げることを繰り返すことにより最終的に正常範囲まで腕が上がるようになります。

いきいき回復院

〒110-0013東京都台東区入谷1-14-1岡本ビル1F