椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板は、背骨の椎骨と椎骨の間にあるクッションの役目をしています。構成は髄核と線維輪で出来ていて何かの外力で繊維輪が破壊され髄核が押されて飛び出します。

構造的に負担が掛かる頸椎と腰椎に多く発症します。

年齢的には、椎間板が柔らかい10代から40代ごろまでのスポーツや重労働をしているて椎間板に大きな外力を与える方に多く発症しています。50代以上で腰椎椎間板ヘルニアと診断された方は、若い時に飛び出した椎間板が椎骨のずれによって神経に触り痛みを発症したと考えられます。

症状としては、痛みが出るのがお尻や太もも裏、ふくらはぎの外側、足裏など坐骨神経の沿って痛みやシビレが発症することが多くあります。

いきいき回復院では、椎骨を正常な位置に戻し、飛び出しているヘルニアの部分を神経から引き離し症状の改善を目指します。 また、一部の方は筋肉のコリによって筋肉が神経をヘルニア部分に押し当てて痛みが出ていることもあります。その場合は筋肉の硬結を改善して神経を開放します。