坐骨神経痛

神経のラインをどこかで圧迫すると痛みがでます

神経のラインをどこかで圧迫すると痛みがでます

上の図は脊髄から出ている神経が手足のどの部分に関係をしているかを示した図になります。

手足のシビレている部分を調べるとおよそどこの神経かが分かります。その神経がシビレている部分に行くまでにどこかで圧迫を受けていると考えられます。

例えば、すねの横の痛みがあれば L5から出ているの神経で、すねまでに行くどこかで圧迫を受けていることになります。

その原因は、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、梨状筋症候群などの病名が付くことが多くあります。

病院で原因が分かればそれを治療すれば治るわけですが病院ではなかなか難しいようです。それは、病院では、骨盤のゆがみや筋肉の硬さなど調べなく、神経の圧迫場所の改善ができないためです。

 

当院では、骨盤や背骨のゆがみを調整し、硬くなっている筋肉が神経を圧迫していれば筋肉をゆるめて神経を開放します。骨盤の調整や神経の開放など言葉では簡単ですが、技術的には非常に難しく経験も必要になります。