坐骨神経痛

 坐骨神経痛でお困りの方へ
1このような症状は「坐骨神経痛」と呼ばれます。
2 病院でおこなわれる坐骨神経痛の主な治療
3坐骨神経痛を引き起こす3つの原因
4 当院での坐骨神経痛の施術ポイント
5日常生活での注意点
6 当院が坐骨神経痛の整体療法で選ばれる理由

坐骨神経痛でお困りの方へ

1このような症状は「坐骨神経痛」と呼ばれます。

• お尻の痛み、シビレ
• 足の付け根(股関節)に痛みがある
• 太ももがつっぱる、痛み、シビレがある
• ふくらはぎがつっぱる、痛み、シビレがある
• 足首からすねに痛み、シビレがある
• 足裏に痛み、シビレ、ぶつぶつ感がある
このような症状は「坐骨神経痛」と呼ばれます。

「坐骨神経」というのは、お尻から足裏にかけて走る神経で、このどこかに問題があるとお尻・太もも・ふくらはぎ・足裏にかけて痛みやシビレを引き起こします。

坐骨神経痛は、主に腰痛が悪化した結果として出てくる症状です。最初は、腰痛から始まり、次第にお尻や太もも・ふくらはぎに張りが出てきて、足の痛み、シビレになり、最後には足の感覚が鈍くなり、麻痺、痙攣というよう状態になってしまいます。

坐骨神経痛の原因は、レントゲンではわからないので、病院では鎮痛薬やシップが処方され、「安静」にしてください!と言われます。坐骨神経痛は、安静にしていても良くなりません。積極的な根本治療が必要になります。

坐骨神経痛の原因は、腰痛や腰椎椎間板ヘルニアなどが原因と言われています。一般的にはそれらに対して、温熱療法、マッサージ、牽引、薬物療法という治療をします。 痛みが強い場合は、ブロック注射をうつこともあります。一時的には楽になりますが、時間が経つとまた痛み、シビレがでてきます。残念ながら、これらで坐骨神経痛の原因を速やかに解消することは出来ません。